チャンピオンズプログラム生徒用テキスト『愛を守る人』 

このテキスト『愛を守る人』は、チャンピオンズ教育協会にて開発され、2004年から台湾の多くの公立小中学校で用いられています。このテキストの翻訳者である齋藤は、台湾人スタッフと共に、6年間実際にこのテキストを用いて台湾の小中学校で教える中で、このテキストのすばらしさと多くの子どもたちに与えている良い影響を見てきました。そしていつかこのテキストを日本語に翻訳し、日本の子どもたちの性教育のために用いたいと願って来たのですが、2018年ついにそれが実現に至ったのです!
従来のキリスト教的価値観に立ったテキストは、欧米の文化の影響を受けたものが多く、その内容も部分的なものであったように見受けられます。それに対し、この『愛を守る人』は、日本とも文化習慣の似通った台湾発の教材なので、日本人の子どもたちにもしっくりとくる内容になっています。また、子どもたちが発達の過程の中で遭遇するであろう様々な課題に対応しています。自分と他者を受容し、尊重し合うところから始まり、恋愛関係になる前の準備、恋愛関係になってからの準備と親密な関係を築いていくプロセス、早い時期に性関係を持つことのリスクを丁寧に説明し、子どもたちが自分で考え、安全で健康的な親密な関係を主体的に選び取って行くのを助けます。
また、時代の変化と共にいつも改訂を繰り返されて来たこのテキストでは、近年頻発している未成年をターゲットにするような性暴力事件を踏まえ、性被害から自分を守る必要性とその方法をしっかりと教えていますが、それだけでなく、実際に性被害に遭ってしまった子どもたちへの配慮も十分なされています。またインターネット世代の子どもたちが、インターネットの特質をよく理解し、正しく有効に用いると同時に、交流サイトやSMSの持つ落とし穴についても知り、それらを見抜く識別力も養います。
多くの人にこのテキストを知っていただいて、教会学校の中で、キャンプで、ミッションスクールで、また親子で、ぜひこのテキストを用いて学んでほしいと願っています。(齋藤記)

※注意
『愛を守る人』は、テキストに貫かれているスピリットや教授方法などを学んだ方に使用していただきたいので、一般販売は一切致しません。各地で開催されるセミナーの課程を終了し、修了証書を受領した方のみ、テキストと指導書を使うことができますし、何冊でも購入できます。また、PPTや動画などの教材も無料でダウンロードしていただけます。
また、版権は「チャンピオンズ教育協会」が有していますので、一切の複製は禁止されています。よろしくご理解ください。


『愛を守る人』もくじ
1.セルフイメージを描く
2.男女どこが違う?
3.愛の機関車
4.愛を守る人
5.自分を守ろう
6.性被害に遭わないために
7.インターネット取説
8.SNS赤信号

『愛を守る人』で学ぶこと
愛 : 一人一人それぞれに生まれながら備わっているいのちの価値を認め、愛し尊びます。
受容 : お互いの存在を受容し、異性との違いをもすばらしいものとして認め合います。
尊重 : それぞれの感じ方、考え方、立場を尊重します。
クリティカルな思考 : 無批判に何でも受け入れるのではなく「本当にそうだろうか」と吟味する能力を培います。